水疱瘡 跡 膨らみ 対処

水疱瘡の跡や膨らみの対処方法

スポンサーリンク

水疱瘡はかゆみも伴いますし、しっかりとした対応をしないと跡になってしまう事もあるので、慎重な治療と対応が必要になりますが、跡に残さない最も大切な事は、かき破らないようにする事です。
特にお子さんの場合には痒みが我慢できずに、膨らみをかいてしまう事で悪化してしまったり、跡に残ってしまう傾向があります。
かなり昔の場合には水疱瘡の膨らみは、どんなに痒みがあってもかいたら跡に残る事もあるので、我慢をするしか対処方法もありませんでしたが、現在の治療方法には、塗り薬という方法もありますので、水疱瘡に対する対処の仕方としては良い方向に進んでいるといえます。
水疱瘡の時に処方される塗り薬ですが、膨らみの部分に優しく塗るのが基本ですが、できれば指ではなくて、綿棒などを利用して、ゆっくりと丁寧に塗る事で膨らみにあまり刺激を与えないようにする事も跡に残さないようにするコツになります。
膨らみ部分が、かさぶたのようになっている対処方法は、剥がさずにかさぶたの上から塗り薬を塗る事で効果は期待できます。

スポンサーリンク

医師から処方された塗り薬を利用する事でかなり痒みは軽減できると思いますが、塗り薬がなくなった場合の対処方法として市販の塗り薬を利用する事は避ける事が重要です。
医師から処方されている塗り薬と市販の塗り薬では、内容が違いますし、市販薬の中には水疱瘡との相性的にも好ましくない成分のものもありますので、足りないと判断をした場合には、かかりつけの医師に相談をして、更に追加で処方してもらう事が一番良い方法になります。
水疱瘡の膨らみは対処方法を間違えてしまうと跡に残ってしまいますので、慎重な対応をしなくてはなりませんが、睡眠時に利用をしているパジャマなどの素材も極力刺激の少ない優しい素材の物を利用する事で多少は痒みを軽減できる効果が期待できます。
膨らみがかさぶたになった事で完治と思い外出する人もいますが、紫外線を浴びる事は完治をしていない状態の皮膚には刺激が強すぎますし、メラニンが体内に入り込む事で後々黒い跡になる事もあります。
完治をしてから外出をするのが一番ですが、難しい場合には長袖と長ズボンのようになるべく紫外線をあびない服装で対処する事が必要になります。

スポンサーリンク