水疱瘡 かゆみ ピーク

水疱瘡のかゆみのピークについて

スポンサーリンク

子供に多いとされているのが水疱瘡という病気となります。
水疱瘡の症状は体にぶつぶつができてひどいかゆみを伴うようになっています。
そこで気になるのは、水疱瘡のかゆみのピークはいつ頃かと言うことになります。
水疱瘡を発症してしまうと、非常につらいかゆみに悩まされてしまうと言うことになります。
このかゆい症状から早く解放されたいと考えますが、一番症状がつらくなるかゆみのピークというのが気になります。
水疱瘡の症状がありかゆみが強くなってくるのは、発症してから2日から3日後と考えられています。
発症した頃は、皮膚が赤くなってその次の日には水疱が発生するようになっています。
この水疱は非常につらいもので、かゆみを発生させるようになっています。
3日から4日程度我慢をすることができれば、水疱はかさぶたになります。
そして症状が治まるようになっています。
これが症状のピークというように考えることができます。
ピークを迎えるまでは至るところに症状が現れます。

スポンサーリンク

しかし水疱瘡を発症してから1週間ほど経過すると、すべての水疱がかさぶたに変化します。
したがってかゆさも治まってくるようになっています。
したがって水疱瘡では、ピークとなる数日を我慢して、その先の1週間を耐えることができれば、つらい症状から解放されると言うことになります。
しかしこのような症状をただ我慢するというのはつらいです。
したがっていくつかの対処法があります。
塗り薬で症状を緩和させることができます。
ピーク時にかゆみが強いと言うことでかきむしってしまうと、水疱が破れて中の液がほかの所に飛び散ってしまいます。
症状が悪化してしまうことにつながるので注意が必要となります。
早く治療をすることが必要となりますが、そのためにはかきむしらないように我慢をするようにします。
我慢をしているつもりでも無意識にかきむしってしまうことがあります。
このときに皮膚に傷を付けにくくするために、爪をできるだけ短く切っておくというのも対処法となります。

スポンサーリンク