水疱瘡 皮膚科 小児科 どっち

水疱瘡は皮膚科と小児科どっちに行けば良い?

スポンサーリンク

水疱瘡といえば子供に多い病気として有名でありますが、成人の方も水疱瘡を発症する事もあったりするため注する必要があります。
成人の方が発症する水疱瘡は主に水痘・帯状疱疹ウイルスが感染する事によって起こるケースが高く、どっちかというと感染者と接触した事が原因で発症する事が多い傾向であります。
水疱瘡を引き起こすウイルスは非常に感染力が高く、しぶき感染・接触感染・空気感染によって水疱瘡を発症したりします。
そのため、成人の方も日頃からしっかりとした対策を取っていく必要があります。
成人の水疱瘡の主な症状については腹部の周辺に小さな発疹がいくつもできて、3日から5日にかけて体中に発疹ができていく症状が現れはじめ、その後は食欲の低下・だるさ・発熱・軽い頭痛といった症状も出てくるようになります。
気をつけたいのは口の中・手のひら・目元等に水疱瘡ができる恐れもあるため、私生活に支障をきたす場合もあります。
上記で紹介した症状が出てきている場合はすぐに病院に行くようにお願いします。

スポンサーリンク

病院に行く際は皮膚科や小児科がある所を選ぶ事が大切となっていて、どっちの科に行っても診療を受ける事が可能であります。
成人の場合は皮膚科を受診する事になりますが、皮膚科では専門的な診察や検査を受ける事ができ、治療方法については内服薬や外服薬を使った薬物療法となります。
事情を説明すれば小児科に受診する事も可能あり、小児科には水疱瘡の診療を多く受け持ってきている医師がいるため、効果ある治療としっかりとした診察・検査を提供してくれます。
小児科を受診したいけど抵抗がある方は皮膚科を受診すれば診療を受けられます。
診療を受ける際に受診する所は皮膚科と小児科の2つとなりますが、どっちが良いのかについては個人によって意見が異なったりしていて、症状が重い場合については皮膚科を頼りにしていけばよいかと思います。
症状が軽い場合に関しては小児科を受診するというのも一つの手であります。
この病気の診療はどっちの科でも受け持ってくれるため、診察・検査・治療を受ける事が可能であります。
どっちの科にも専門知識と高度な医療技術を持った専門医が常駐しているからであります。
治療方法についてはどっちの科も似たような治療を受けられる環境となっています。

スポンサーリンク