水疱瘡 目の中 失明

目の中の水疱瘡は失明するリスクがある?

スポンサーリンク

小さな子供に発症が多くなっている水疱瘡ですが、体のさまざまなところに発疹が発生するようになっています。
水痘ウイルスに感染することで発症するようになっていますが、非常に強い感染力があるというのが大きな特徴となっています。
飛沫感染や接触感染をするようになっているので、外出を控える必要があります。
水疱瘡は子供の病気と考えている人がいますが、大人でも感染することがあります。
発症のピークは1歳から5歳となっていますが、成人してから発症することもあります。
大人の場合、水疱瘡の症状が重症化する可能性があります。
この水疱瘡のウイルスによって目の中に発疹などの症状が現れることがあります。
目の中に水疱瘡の症状が現れたときには失明の可能性もあるので十分な注意が必要となります。
目の中に発生すると、角膜炎というような症状を併発するようになっています。
その結果失明の可能性が出てくるのです。
水疱瘡から目の中に帯状疱疹という病気が発症し、失明することもあります。

スポンサーリンク

これは水疱瘡と同じウイルスが原因となって発症するようになっていますが、肺炎や髄膜炎を引き起こしたり、失明をするという危険性があります。
一度水疱瘡を発症しても、体の中のウイルスが残ると言うことになります。
神経細胞の周辺の細胞に潜伏して、完全には死滅しないと考えられています。
したがってこのウイルスは常に身体の中にいると考えられています。
体の免疫力が低下したりすることで、このウイルスが活発になり帯状疱疹を発症させることがあります。
安静にしていれば治ることが多くなっていますが、放っておくと悪化する可能性があります。
顔から症状が現れることがありますが、目の周辺や目の中に発生すると言うことになれば、失明の危険性が高くなります。
目の周辺や顔に発生するものは非常に危険と考えられています。
目の中への発生や失明の危険を予防するためには、ウイルスに感染しないと言うことが大切です。
そのために予防接種が定期的に行われています。

スポンサーリンク