水疱瘡 大人 感染率

水疱瘡の大人感染率と対処法について

スポンサーリンク

水疱瘡は皮膚疾患の中でも感染率が高く、特にプールや公衆浴場など不特定多数の人が肌を露出する場所で移ってしまうケースが多数を占めます。
水疱瘡は子供の頃に発症するのが一般的ですが、稀に大人でも同様の症状に見舞われることがあります。
同じ水疱瘡でも大人のほうが症状が重くなりやすく、感染率が高い傾向があります。
場合によっては死亡することもあるため、発症した場合は速やかに医療機関で適切な治療を受けることが大切です。
また、感染率の高さから安易に他者と接触しないように気を付けることも重要になります。
大人の水疱瘡は子供と同様に皮膚上に強いかゆみを伴う水ぶくれが形成される他、潰れた水ぶくれにかさぶたが生じることがあります。
傷口からの分泌液やかさぶたには水疱瘡を発症させる細菌が混在しているので、体を洗浄する際は周囲に飛散させないように気を付けます。
また、着用した衣類にも細菌が付着しているので消毒を必ず行うことが感染率の上昇を防ぐための工夫です。

スポンサーリンク

大人の水疱瘡は子供と比べて重篤化しやすいので治療を速やかに行う必要がありますが、その一方で感染率も高いので他者との接触は最小限にとどめるのが患者に求められる姿勢です。
また、症状が治まっても細菌は体の中に残っていることが多いので、治療の必要が無くなるまでは生活を営む中で他者に感染させないように気を配ります。
大人の症状の中でも肌の強いかゆみは不快感だけではなく、出血を伴う傷が多数形成されることから見栄えが悪くなる問題があります。
大人同士の付き合いのなかでは身だしなみを整えることが社会的なマナーの一つなので、外傷を速やかに治療するように心がけます。
また、傷が露出した状態で他者と接触すると感染率の上昇に繋がるので、長袖の衣類を着用してトラブルを避けます。
水疱瘡の症状が治まった後は体調を良好に保つように気を配り、衛生管理も徹底するように努めます。
水疱瘡は発症した後は体に免疫が作られますが、疲労やストレスで体力が低下すると再び発症する可能性があるので常に体の具合に注意することが健やかに暮らすための心得です。

スポンサーリンク