水疱瘡 発疹 水泡にならない

水疱瘡の発疹が水泡にならない理由

スポンサーリンク

水疱瘡という病気があります。
子供の頃に発症をしたことがあるという人がいますが、水疱瘡にかかったことがある人は、帯状疱疹になる可能性があると考えられています。
しかし発症していない人は帯状疱疹にならないということもありません。
帯状疱疹という病気がありますが、これは子供の頃に発症した水疱瘡が原因となっています。
これらは水痘ウイルスというものによって体に発疹が発生するようになっていますが、発疹の数が少なかったり水泡にならないというようなときには、大人になってから帯状疱疹を発症しやすいと考えられています。
したがって発疹が水泡にならないというようなときには十分に注意をしなければいけません。
水疱瘡とはどのような病気となっているのかというと、体に発疹があり、強いかゆみを伴うようになっています。
症状には個人差がありますが、水泡にならないということもあります。
年間で約90万人がかかると考えられている非常に有名な病気となります。

スポンサーリンク

子供に発症する場合には、非常に感染力が強いと考えられています。
水疱瘡は9歳ぐらいまでの子供の発症率が高いと考えられています。
しかし多くの場合水疱瘡を発症しても、症状が軽いことが多いです。
しかし免疫機能が低下していると、症状が悪化することも考えられるので注意が必要となります。
水疱瘡に感染したときには体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、発疹が現れるようになっています。
しかし感染してから2週間程度は症状が出ることがないので、水疱にならないのです。
その後強いかゆみを伴う赤い発疹が出るようになっていますが、この時点では水泡にならないので、虫刺されと間違ってしまうと言うこともあります。
しかし最初は水泡にならないのですが、時間の経過と共に水泡へと変化していきます。
発疹はお腹や背中など体の全身に広がります。
水泡にならないような発疹が現れたときには、体のどの部分に発生しているかをしっかりと確認することが必要になります。

スポンサーリンク