水疱瘡 予防接種しても感染

水疱瘡は予防接種しても感染することがある?

スポンサーリンク

病気に感染しないために予防をすることが大切になりますが、その方法の一つとして予防接種があります。
さまざまな病気で予防接種がありますが、これを行ったにもかかわらず、水疱瘡になってしまうということがあります。
水疱瘡は予防接種しても感染するのかが気になります。
予防接種しても感染すると言うことがあります。
なぜしっかりと予防接種をしたのに感染するのか心配になります。
予防接種を受けるという人がいますが、水疱瘡の予防接種しても感染することがあります。
予防接種には即効性がないからです。
接種をしてから実際に予防の効果を実感するためには、2週間程度が必要になります。
したがって水疱瘡の予防接種しても感染することがあるのです。
2週間の間にウイルスに感染してしまうと、水疱瘡の症状が現れることがあります。
これは予防接種を行う時期が問題となっています。
このほかに水疱瘡の予防接種しても感染する原因があります。
それは次のようになっています。

スポンサーリンク

それは予防接種を受ける前に水疱瘡に感染をしていたということになります。
このウイルスは感染してからすぐに症状が現れると言うことではありません。
潜伏期間というものがあるのです。
感染してから実際に体に症状が現れるまでには、時間差があるというのをしっかりと頭に入れておくようにします。
この時間差は考えている以上に長くなっています。
2週間から3週間となっています。
したがって予防接種を受ける前に感染をし、症状が出る潜伏期間に予防接種しても感染すると言うようになってしまうのです。
これを防ぐためには、水疱瘡が流行する前にしっかりと予防接種を受けると言うことが必要になります。
はやりだしてから予防接種を受けても、すでに感染している可能性があるからです。
潜伏期間は症状は現れていなくても感染しています。
人に感染すると考えられているのは、症状が現れる2日から3日ほど前からであると考えられています。
最終的に完治した後は感染力は失われています。

スポンサーリンク