水疱瘡 予防接種 副作用 発熱

水疱瘡の予防接種で副作用として「発熱」が起こる?

スポンサーリンク

水疱瘡に感染することを防ぐためには、しっかりと予防をすることが必要になります。
感染している人との接触を避けるという方法もありますが、潜伏期間というものがあるので、誰が感染をしているのか目で見て判断することが難しくなっています。
そこで効果がある予防方法となっているのが予防接種になります。
水疱瘡のウイルスに感染することを防ぐために、子供の頃に予防接種が行われています。
予防接種はしっかりとした効果が期待されていますが、水疱瘡に関しては副作用の可能性があると考えられています。
どのような場合でも副作用の可能性があるので、接種する前にはしっかりと注意書きを確認するようにします。
具体的に水疱瘡の予防接種の副作用にはどのようなものがあるのかというと、それは発熱と言うことになります。
必ず塩発熱の症状が見られると言うことではありませんが、そのリスクはあります。
発熱をすることが稀にありますが、この副作用に関してはすぐに体に現れるというようなことではありません。

スポンサーリンク

水疱瘡の予防接種で発熱の副作用が見られるのは、ワクチンを接種してから数週間が経過した頃となっています。
数週間が経過してしまうと、水疱瘡の予防接種の副作用なのか、ほかのことが原因となっているのかわからないと言うこともあります。
ワクチンを接種することで発熱をした場合には、それは一時的なことが多くなっています。
基本的に発熱は数日の間で下がるようになっています。
発熱以外にも副作用が見られることがあります。
皮膚が局所的に赤くなったり腫れることがあります。
これも症状が重いと言うことはありません。
症状は比較的軽く、短期間で治まると言うことが多くなっています。
ワクチンを接種して発熱が長く続いたり、皮膚が赤くなると言うような症状が強く出ているときには、ほかの病気が関係している可能性もあるので、病院を受診するようにします。
ワクチンを接種して熱が出ても、それほど心配する必要はありません。
ワクチンが体の中に入ることによる反応が現れていると言うことです。

スポンサーリンク