水疱瘡 症状 熱なし

水疱瘡の熱なしの症状がある?

スポンサーリンク

水疱瘡という病気があります。
この病気の名前を聞いたと気には、子供に多い感染症であると考えることができます。
水疱瘡とは子供に発症が多いという印象がありますが、実際には乳幼児から幼稚園の頃に良く発症するようになっています。
また冬から春にかけて流行すると考えられています。
基本的に水疱瘡に一度感染をすると、二度と発症することはないと考えられています。
しかし中には2回水疱瘡を発症すると言うこともあります。
2回目の時の方が症状は重くなり危険であると考えられています。
したがって注意が必要となります。
水疱瘡は非常に感染力が強い病気となっています。
したがって子供から大人に感染することがあります。
大人が感染すると重症化することが多くなっているので、看病をするときには十分な注意が必要となります。
気になる場合には予防接種を受けておくと安心です。
水疱瘡には次のような症状が現れるようになっています。
それは皮膚の発疹と発熱と言うことになります。

スポンサーリンク

しかし水疱瘡に感染した子供が、熱なしの症状のこともあります。
なぜ熱なしの症状となるのか気になります。
診察が行われるときには一定の基準がありますが、このときの基準は熱なしであるかどうかではなく、皮膚に発疹が発生しているかどうかと言うことになります。
熱なしの症状であっても、皮膚にぶつぶつが発生していると言うことであれば、水疱瘡と診断することができます。
このように診断をされた後は、感染力が非常に強くなっているので、他の人にうつしてしまう可能性が非常に高くなっています。
したがって外出は控えると言うことになります。
子供が発症した場合には、自分にも感染する可能性があります。
しかし決して慌てることはありません。
高い熱という症状が続く場合には、病院を受診する必要があります。
熱なしという場合は、皮膚に発生している発疹を確認するようにします。
子供が熱なしで元気に過ごしているというような場合には、必ず寝ていなければいけないと言うことはありません。

スポンサーリンク