水疱瘡 かさぶた 完治 目安

水疱瘡でかさぶたができるのは完治の目安になる理由

スポンサーリンク

水疱瘡は非常に感染力の強いウイルスなので基本的に完治をするまでは、接触をなるべくさけるべき病気です。
一般的な完治までの日数は1週間から10日程度と言われていますが、水疱瘡の予防接種を受けている場合には4日から5日程度で完治する事もあります。
予防接種というとインフルエンザが毎年のように話題になりますが、インフルエンザの場合には亜種が多い事もあり予防接種による感染阻止率は50%程度とも言われています。
一方で水疱瘡の場合には80%程度の感染阻止率がありますし、小児のうちに感染していない場合には、成人になってからの感染の危険性を考えると予防接種が効果的になると考えられます。
成人が感染した場合には重症化しやすい事でも有名で様々な合併症の危険性もある事がわかっています。
水疱瘡は感染をしてから2日程度で身体に発疹ができはじめて、水泡に変わっていきます。
この時にかゆみから、かき破ってしまうと治療が長引いたりしますので注意が必要になります。
水泡は数日で乾き始めてかさぶたに変化しますので、全体がかさぶたになった事が確認できれば、完治の目安として判断できる事になります。

スポンサーリンク

水疱瘡の完治の目安には水泡が全てかさぶたになってからという事ですが、予防接種を受けていなければ1週間から10日くらいでできる、かさぶたの状態になるまでは、感染能力が高いままになっているので、目安であるかさぶたの状態をみて完治というのは比較的、完治の判断がしやすい病気だと言えます。
実際の診断は医師が行いますし、幼稚園や小学校への登校には治癒証明を発行してもらわなくてはいけませんので、完治の目安というよりも、医師に診断をしてもらいにいく目安が水泡がなくなり、かさぶたが広がっている状態という事になります。
水疱瘡は予防接種を受ける事で仮に感染をしてしまっても、軽度で済む事が多く、日数的にもかなり速い段階で治癒に向かいますので、感染が心配な場合には早い段階でかさぶたができる事なども考えると効果的な予防策でもありますが、対処の方法としても良い方法になります。
水疱瘡の場合にはかさぶたができれば、かゆみがあっても治った事の目安になりますので感染をした場合には注意深く観察する事が必要になります。

スポンサーリンク