水疱瘡 妊婦 抗体 あり なし

水疱瘡で妊婦が抗体ありの場合は安心!なしの場合は…

スポンサーリンク

妊娠を希望している女性がいますが、その前にはしっかりと注意をしなければいけないことがあります。
妊婦になってから病気を発症してしまうと、大きなトラブルにつながってしまうことがあるからです。
したがってとくに妊婦は注意をしなければいけません。
その中で妊婦が注意をしなければいけない病気の一つに水疱瘡があります。
水疱瘡は子供に多い病気とな考えられていますが、水疱瘡の抗体がありかなしかで、妊婦に与える影響が大きく異なってくるのです。
妊娠前に水疱瘡の抗体のありなしを確認する必要があります。
これは妊娠中の水疱瘡の感染リスクを確認することや対処法につながります。
大人になると95パーセント以上の確率で水疱瘡に対する抗体ありと考えられています。
それは多くの人が10歳未満で発症をしているからです。
この他に予防接種によって抗体を作っていると考えられています。
しかし自然に罹患をしたことがないという人や、予防接種の経験がないという人は抗体なしとなります。
その場合には発症すると重症化する危険性があるので十分に注意をしなければいけません。

スポンサーリンク

妊婦が妊娠20週頃までに感染してしまうと、胎児の1パーセントから2パーセントに先天性水痘症候群が発症するようになっています。
これは命の危険に関わることもあります。
妊婦が出産の5日前から産後2日の間に発症した場合には、新生児はウイルスに罹患して症状が重症化しやすいと言うこともわかっています。
したがって妊娠前に抗体なしでは非常に危険と考えられています。
妊婦の抗体なしがどれだけ胎児に影響を与えるかと言うことがわかります。
抗体なしの状態では、新生児が発症すると死に至る確率が30パーセントから50パーセントになると考えられています。
このように重症化のリスクを持つという人や、妊娠を希望しているという人で、感染したことがなく予防接種もしていないと言うことになれば、しっかりと対策を行う必要があります。
今までに水疱瘡に感染したことがあるかわからないという人は、医療機関で検査をすることができるようになっています。

スポンサーリンク