水疱瘡 大人 2回目 症状

水疱瘡に大人が2回目の感染?その症状とは!?

スポンサーリンク

水疱瘡はほとんどの人が子供の頃に予防接種を受けているため大人になってから2回目の感染はないと言われてきた病気です。
しかし予防接種を受けていたにも関わらず大人になってから2回目の水疱瘡になってしまう人もいます。
これは水疱瘡だけに限らず様々な予防接種でワクチンを投与しても免疫がきちんとできなかったり免疫が出来ていても数年〜20年後に抗体が消失してしまうことがあります。
予防接種をしていなくても水疱瘡に一度感染してしまえば2回目の発症はないことが多いのですが、これも予防接種と同様で抗体の喪失などで2回目の感染が起こる場合もあります。
2回目の感染が大人になってから起こると、特に女性で妊娠中の場合にはお母さんだけではなく赤ちゃんにも何らかの影響が出てしまう可能性があります。
妊娠してしまう前に水疱瘡の抗体検査を受けておき、2回目の感染の可能性があるかどうかをチェックしてもし抗体がなければ予防接種をしておくという予防対策を行っておくのも一つの方法です。

スポンサーリンク

大人になってから水疱瘡に感染すると、症状が子供の頃よりも重症になってしまう可能性があります。
症状としては高熱や頭痛、食欲の低下などがあります。
疲れなどの症状だと見過ごしてしまう可能性もありますが、他の人へ感染してしまう危険性もありますのでなんだかおかしいな、という症状が現れた場合にはすぐに病院で適切な治療を受けるようにしましょう。
また、2回目の大人になって起こる水疱瘡としては帯状疱疹というものもあります。
子供の頃に感染した水疱瘡のウイルスが身体の中に隠れていて、体力の低下などのタイミングを見計らって再び活動を始めたものです。
大人になってストレスや疲労で免疫力が低下したタイミングで起こりやすいと言われていて、症状としては身体の片側に帯状に赤い発疹が出来、刺すような痛みを感じます。
我慢できる程度だからと放置しておくと症状が悪化してしまう可能性があり、安静が必要となりますのですぐに病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク