水疱瘡 外出 いつから

水疱瘡の外出はいつから大丈夫?およそ1週間程度?

スポンサーリンク

子供が水疱瘡を発症することがあります。
このようなときには完治するまで自宅で安静にしていなければいけません。
子供が水疱瘡になったときには、いつまで外出してはいけないのかと言うことが気になります。
外出は控えた方がいいと医師から指示が出ることがありますが、毎日の買い物など家事をしなければ行けません。
この間子供をずっと家の中においておくのは難しいこととなっています。
しかし水疱瘡の外出に関しては、慎重に考えなければいけません。
それは感染力が非常に高い病気となっているからです。
免疫不全の人が感染してしまうと非常に大変なこととなっています。
自分だけではなく周りの人に迷惑をかけないためにも、いつから外出をすればいいのかしっかりと考える必要があります。
一番気になることはいつから外出をしてもいいのかと言うことです。
基本的には次のような目安があります。
体のすべての発疹や水ぶくれがかさぶたになってからと考えられています。

スポンサーリンク

皮膚にできた発疹がかさぶたになったときから外出をしてもいいと考えられていますが、実際にいつからと言うことを考えたときには、しっかりと医師から許可を得ていると言うことが基本となります。
水疱瘡が完治していると言うことを自分で判断するのは非常に難しくなっています。
一つでも水ぶくれが残っている場合には、まだ完治していないのです。
したがっていつから外に出てもいいのか判断に迷ってしまうときには、しっかりと病院を受診する必要があります。
水疱瘡は学校や幼稚園も出席停止扱いとなっているので、いつから学校に行っていいのかという判断も重要となります。
医師から外出の許可を得ていると言うことになれば、安心して外に出ることができます。
水疱瘡の時には、周りの人に感染させないという配慮も必要になります。
いつから外出できるかわからないときの毎日の買い物などに関しては、近所の人や家族など協力してくれる人に依頼をするようにします。

スポンサーリンク