水疱瘡 蕁麻疹 違い

水疱瘡と蕁麻疹の違いについて

スポンサーリンク

子供は皮膚に異常が発生しやすくなっています。
その中で蕁麻疹や水疱瘡というような病気があります。
どちらも皮膚に発疹が発生するようになっていますが、蕁麻疹と水疱瘡の違いが気になります。
水疱瘡や蕁麻疹には違いがあるので、その違いをしっかりと把握しておく必要があります。
これらの皮膚疾患は自然に治らないというようなものもあるので、病院で適切な治療を受ける必要があります。
そこで気になるのが蕁麻疹と水疱瘡の違いと言うことになります。
水疱瘡とはどのような病気となっているのかというと、これは水痘ウイルスが原因のウイルス性感染症ということになります。
くしゃみなどによって飛沫感染をするようになっています。
また接触感染をすることもあります。
水疱瘡の見た目に関しては、赤みがあるというのがほかの疾患との違いとなっています。
大きさは揃っていませんが、中に水が入っているというようなものや虫刺されのようなものというような種類があります。

スポンサーリンク

水疱瘡は非常に感染力が強くなっています。
2日程度ですぐに広まってしまいます。
強いかゆみを伴うようになっています。
初期の段階で適切な治療を受ければ、回復が早いと考えられています。
これに対して蕁麻疹ですが、蕁麻疹も見た目が赤いという特徴があります。
みみず腫れのようになることがあります。
かゆみがあることが多くなっていますが、大きな違いとしては感染力がないということです。
痛みがあるかは個人によって差があります。
蕁麻疹は全身に広がることもあります。
やけどのような痛みを感じることもあります。
チクチクと刺すような痛みが発生すると言うこともあります。
蕁麻疹の原因として考えられているのは、食べ物となります。
このほかには薬との相性であったり、虫などに接触することで発症するようになっています。
運動で汗をかいたり、雨に濡れるというような肌への刺激によって発生することもあります。
このようにさまざまなことが原因となっていますが、感染症ではありません。

スポンサーリンク