水疱瘡 プール 感染

水疱瘡はプールで感染する!原因と予防方法について

スポンサーリンク

水疱瘡は皮膚上に痒みを伴うかさぶたや水ぶくれが生じる疾患の一種で、感染力が強いことから発症したら他者との接触を避ける必要があります。
特に小さい子供は水疱瘡に対する免疫が無いため、発症すると症状が重篤化しやすい傾向があるので注意します。
また、免疫を持つ成人でも疲労やストレスの蓄積で体調不良に陥っていると水疱瘡の症状に見舞われる可能性があることから、罹患者との接触を避けるのがトラブル回避の心得です。
水疱瘡は罹患者の体から落ちたかさぶたや血液に混在している細菌が体内に侵入することで感染します。
特にプールや公衆浴場など、皮膚の露出が多く不特定多数の人と接することが多い場所では感染のリスクが増大するので注意が必要です。
プールでの感染は季節を問わず発生する可能性があるので、施設を利用する際は衛生管理に気を配り、入念に体を洗浄するように心がけます。
また、自分が水疱瘡に罹患している場合は他者に感染させないようにプールの利用を避けることが社会的なマナーです。

スポンサーリンク

水疱瘡は皮膚上に目立った症状が出るのが特徴ですが、その一方で細菌に感染しても症状が出ないケースがあります。
本人が気づかない内に細菌を拡散させている可能性があることから、プールなどの施設を利用した後は自身の体調を確認するように心がけることが異常を速やかに見つけるための心得です。
プールの利用で水疱瘡に感染するのを防ぐためには衛生管理に気を配る他、自分の体の状態を確認する習慣を身に着けるのも重要なポイントです。
細菌は粘膜や傷口から体内に侵入するケースが多いので、プールに入る前は体に傷がついていないことを確認することが発症を防ぐことに繋がります。
小さい子供は引っ掻き傷や深爪などの浅い傷でも細菌が入り込むことで症状が重篤化することがあるので、保護者が体の状態をよく観察することが健康管理の心得になります。
成人でも傷口から感染するケースが多いので日頃から注意することが気持ち良くプールを利用するための条件です。

スポンサーリンク